倉敷天領物語

「倉敷天領物語〜KOI〜」



倉敷天領物語の公式ホームページはこちら▶️

  1. 概 要
    平成30年7月豪雨災害の復興イベントとして立ち上げた倉敷美観地区発信のイベントです。

  2. コンセプト
    CONCEPT

    倉敷一帯は干拓によって陸続きになり現在の平野が形成されました。
    江戸時代に入り天領になった倉敷旧市街は、高梁川と児島湾を結ぶ運河として倉敷川が作られ内陸の港町になり、 1614年に代官所(支配所)が置かれ、倉敷代官所が商人たちの自治を認め優遇したこともあり商人の町として発展しました。
    美観地区の蔵屋敷はこれによって富を得た商人の蔵で、今も美しい街並みを形成しています。

    しかし、2018年7月の未曾有の豪雨災害により、この美しい郷土に甚大な被害が発生しました。
    私たちは、災害前に美観地区の倉敷川を優雅に泳いでいた?鯉?をもう一度、綺麗な川で泳がせたい。
    黄河の上流にある竜門の急流をさかのぼった鯉は、竜となって天に昇ると言います。
    それは、被災された方、二次災害で元気のない方、皆が鯉になり苦難を乗り越え竜になれるよう、
    「みんなで元気な倉敷を取り戻しましょう」
    と、「倉敷天領物語〜KOI〜」を開催することになりました。

    KOIは、
    鯉 carp
    恋 love
    来い to come
    買い buy ・・・・・・

    春のはじめの倉敷で、お気に入りの着物に着替えて、
    天領の江戸の街に見立てた場内で、あなたの〜KOI〜を探す宴にお越しください。






営業時間

Ranking

  • Top