倉敷天領物語の公式ホームページはこちら▶️


第4回:倉敷天領物語
倉敷天領物語〜haru〜


  1. 概 要
    開催日:令和3年3月6日(土曜日)17時半出発 狐の嫁入り行列(いがらしゆみこ美術館出発)
              7日(日曜日)15時出発 花魁道中(いがらしゆみこ美術館出発)



    花魁道中・狐の嫁入り出演者大募集

    時代化粧と地毛結髪、本格的な花魁衣裳を身にまとい、豪華絢爛な花魁になって、
    歴史の
    町倉敷美観地区で花魁道中にご参加下さい。一生の思い出になります。


    ◼️内 容:各時間で行われる時代行列の出演者として、ご参加いただけます。

    ◼️集 合:着物レンタル姫乙女(いがらしゆみこ美術館横)※当日は駐車場なし

    ◼️料 金:【花魁道中】トップ花魁48,000円 / 花魁(新造) 24,000円 / 女児禿(かむろ)
          14,000円 / 肩持ち・傘持ち(中学生以上・性別不問)各10,000円 / お雛様
          (女児限定)24,000円 / 裃袴(かみしもはかま)・殿様衣装(10歳未満の
          男児限定)8,000円
          【狐の嫁入り行列】花嫁狐(狐化粧と角かくし)48,000円 / 子狐小(身長135
          センチ以下の女児・顔はメイク)10,000円 / 子狐中(身長135センチ以上の
          女児・顔はメイク)10,000円 / 大人狐(中学生〜大人・顔は狐面)5,000円
        ※料金に含まれるもの:道中出演料、衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク
        ※保証料は別途かかります。(貴重な本物のかんざし、時代衣裳などを使うため)






      コンセプト
      CONCEPT



      今回で4回目になる倉敷天領物語です。


      haruは、
      春 (コロナウイルスに侵された冬を越えキラキラした季節になります)
      張る(伸び現れ、伸び広がる)

      倉敷美観地区では
      「時代絵巻の美観地区スタンプラリー」(2.20〜3.10)
      倉敷春宵あかり(2.27〜3.14)
      倉敷雛めぐり(2.20〜3.7)
      などが、艶やかに開催されます。今年はコロナウイルスの関係で縮小されるイベントもありますが、三密に気をつけながら春を楽しみましょう。

      特に狐の嫁入り行列は、春宵あかりの中を妖艶な狐の嫁入り行列が執り行われます。
      倉敷アイビーエアの駐車場にある城山稲荷神社の白狐にまつわる伝説を元に行います
      その昔、白狐が火事になりそうなことを町民に知らせて大火に至らなかった言い伝えがありました。災害から町民を救った白狐のの行列をすることで、コロナウイルスから皆を守ることを願って行われます。










      第3回:倉敷天領物語
      倉敷天領物語〜sai〜

    1. 概 要
      開催日:令和2年11月21日(土曜日)11時出発 あんみつ姫行列
                         15時出発 花魁道中
                 22日(日曜日)11時出発 花魁道中
                         17時出発 狐の嫁入り行列



      ◼️内 容:各時間で行われる時代行列の出演者として、ご参加いただけます。

      ◼️集 合:着物レンタル姫乙女(いがらしゆみこ美術館横)※当日は駐車場なし

      ◼️料 金:花魁 24,000円 / 女児禿(かむろ)14,000円 / 肩持ち(性別不問)10,000円
            あんみつ姫行列 24,000円 /
            狐の嫁入り行列・子狐(顔はメイク)10,000円 / 大人狐(顔は狐面)5,000円
          ※ネット割:事前WEB決済でお支払いただくと、2,000円オフ
          ※料金に含まれるもの:道中出演料、衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク
          ※保証料は別途かかります。(貴重な本物のかんざし、時代衣裳などを使うため)




      コンセプト
      CONCEPT



      今回で3回目になる倉敷天領物語です。


      今年の3月に〜春の陣〜を開催予定でしたが、新型コロナウイルスのため中止になりました。
      しかし、今回は文化庁の文化芸能活動の継続支援事業に採択され、倉敷天領物語〜sai〜の開催を決定しました。

      saiは、
      再 (もう一度コロナウイルスのなかった頃のような平穏な日常が戻るように)
      祭 (コロナのない日常を神に願うお祭り)
      才 (能力を発揮する)
      彩 (彩り)
      など、コロナに対する願いもこもっています。

      特にフィナーレの狐の嫁入り行列は、倉敷アイビーエアの駐車場にある城山稲荷神社の白狐にまつわる伝説を元に行いました。
      その昔、白狐が火事になりそうなことを町民に知らせて大火に至らなかった言い伝えがありました。災害から町民を救った白狐のの行列をすることで、コロナウイルスから皆を守ることを願って行われました。






      第2回:倉敷天領物語
      倉敷天領物語〜秋の陣〜
      概 要
      平成30年2月に行われた「倉敷天領物語〜KOI〜」に続く第二弾です。
      毎年秋に行われている「倉敷屏風祭り」に毎年屏風を展示して参加していますいがらしゆみこ美術館を中心に、花魁道中や花魁撮影会が「倉敷屏風祭り」に花を添えます。



    2. コンセプト
      CONCEPT

      歴史の街、倉敷で主役になれるチャンス! 花魁道中、行列に参加いただける方を大募集!!
      壮大に開催された豪雨災害復興イベント〔倉敷天領物語〜KOI〜〕に続き、今年2回目の〔倉敷天領物語〜秋の陣〜〕の開催決定! 本格的な花魁衣装と時代化粧、地毛結髪で豪華絢爛な花魁に貴女もなって見ませんか?


      実施概要
      Information

      倉敷花魁道中イベント概要
      と き:令和元年10月19日〜20日の2日間
      時 間:11:00〜17:00 (予定)
      場 所:いがらしゆみこ美術館・本町通り〜美観地区周辺

      当日のスケジュール (変更になった場合にはお知らせします)
      === 10月19日(土) ===
      ▪️花魁道中  11時〜出発予定 (本町通り〜美観地区周辺)
       いがらしゆみこ美術館から豪華花魁が道中練り歩きをします。
      ▪️花魁撮影会 13時〜予定 (有料1,000円)
       いがらしゆみこ美術館に設けた江戸座敷で花魁撮影会を開催。
      ▪️花魁行列  15時〜出発予定 (本町通り〜美観地区周辺)
       いがらしゆみこ美術館から大勢の花魁が出発します。

      === 10月20日(日) ===
      ▪️花魁道中  11時〜出発予定 (本町通り〜美観地区周辺)
       いがらしゆみこ美術館から豪華花魁が道中練り歩きをします。
      ▪️花魁撮影会 13時〜予定 (有料1,000円)
       いがらしゆみこ美術館に設けた江戸座敷で花魁撮影会を開催。
      ▪️花魁行列  15時〜出発予定 (本町通り〜美観地区周辺)
       いがらしゆみこ美術館から大勢の花魁が出発します。

      参加費 花魁道中 22,000円/人 ※各日 1名様限定
      花魁行列 20,000円/人 ※各日 複数名募集
      子ども禿 12,000円/人 ※各日 数名募集

      内 容:イベント出演、衣装レンタル、着付け、ヘアメイク、江戸座敷で撮影(写真データDVD付き)
      ※子ども禿は江戸座敷の撮影は含まれていません。

      申し込み方法
      ホームページからお申し込みください。
      ⇒⇒⇒ 倉敷観光着物レンタル姫乙女

      事前WEB決済で参加をお申し込み頂くと、 上記の価格より2,000円引と大変お得です!


      倉敷天領物語

      「倉敷天領物語〜KOI〜」
      1. 概 要
        平成30年7月豪雨災害の復興イベントとして立ち上げた倉敷美観地区発信のイベントです。

      2. コンセプト
        CONCEPT

        倉敷一帯は干拓によって陸続きになり現在の平野が形成されました。
        江戸時代に入り天領になった倉敷旧市街は、高梁川と児島湾を結ぶ運河として倉敷川が作られ内陸の港町になり、 1614年に代官所(支配所)が置かれ、倉敷代官所が商人たちの自治を認め優遇したこともあり商人の町として発展しました。
        美観地区の蔵屋敷はこれによって富を得た商人の蔵で、今も美しい街並みを形成しています。

        しかし、2018年7月の未曾有の豪雨災害により、この美しい郷土に甚大な被害が発生しました。
        私たちは、災害前に美観地区の倉敷川を優雅に泳いでいた?鯉?をもう一度、綺麗な川で泳がせたい。
        黄河の上流にある竜門の急流をさかのぼった鯉は、竜となって天に昇ると言います。
        それは、被災された方、二次災害で元気のない方、皆が鯉になり苦難を乗り越え竜になれるよう、
        「みんなで元気な倉敷を取り戻しましょう」
        と、「倉敷天領物語〜KOI〜」を開催することになりました。

        KOIは、
        鯉 carp
        恋 love
        来い to come
        買い buy ・・・・・・

        春のはじめの倉敷で、お気に入りの着物に着替えて、
        天領の江戸の街に見立てた場内で、あなたの〜KOI〜を探す宴にお越しください。






営業時間

  • Top